夜遊びニュース詳細|ホスト・風俗の掲示板「夜遊びweb関西版」

夜遊びweb掲示板 関西夜遊びweb掲示板 関西
エリア選択

夜遊び掲示板を検索する

スレッドタイトルを対象とした検索ができます。※スペースのあり、なしで検索結果は異なります。

掲示板リストメニュー

  • シリウスグループ
  • 関西の老舗セクキャバとして、おかげさまでたくさんの方々に愛され続けております。
  • 2キャバ大阪男子求人

太田裕美「歌うことが生きること」 当たり前のことが幸せ…前向きに音楽と向き合う ニューアルバム「ヒロミ☆デラックス」リリース(夕刊フジ)


 「さすがにもう45年かと感慨深いものがありますね。かといって、私の生き方が変わったわけでもなく、長い間、歌い続けることができたという感謝しかないですね」


 今年デビュー45周年を迎えた。輝きをまといながらも、どこか切なさを感じさせる歌声は今もそのままだ。デビュー日である11月1日にはアニバーサリーの新アルバム「ヒロミ☆デラックス」をリリースしたばかり。


 先行シングルの新曲「ステキのキセキ」は、ももいろクローバーZなどを手がけたヒャダインがプロデュース。実はヒャダインはかなりの“太田裕美フリーク”なのだ。


 「自分自身は深く考えていないのですが、逆に周りの皆さんが深読みをしてくださって…。ヒャダインさんも私のことをかなり研究されてて、私という素材でやってみたかったことがたくさんあったようです。音楽って年齢や性別に関係なく、すべてを取っ払ってひとつの作品を作ることのできるツール。本当に音楽の力を感じました」


 昭和の太田裕美と令和の太田裕美を掛けあわせたようなヒャダイン作品に対し、自身が作詞作曲した「桜月夜」はこれまでのイメージを覆す壮大なロッカバラード。


 「私は私なりに今まで歌ったことのない曲調をやってみようと。ギリギリの音域なんです。無難に作ることもできたけど、小さくまとめるのは嫌で、もう一歩踏み出して挑戦してみたんです」


 アルバムには「木綿のハンカチーフ」と「さらばシベリア鉄道」のセルフカバーも収めた。「やっぱり45年のデラックスなんでね。みなさん聴きたいでしょうし」


 幼いころからステレオやラジオ、テレビから流れてくる歌に包まれて育ってきた。しかし、決して歌手になろうなんて考えていなかった。


 きっかけはひょんなことだった。中学生のとき、ザ・タイガースのファンの友人たちとグループを作っていた。その中の森本太郎のファンだった友人が1枚のはがきを学校に持ってきたのだ。


 「スクールメイツの応募はがきだったの。彼女は申し込んだ覚えがないって言うんです。でも、みんなで“スクールメイツってナベプロだから、受かったらタイガースに会えるんじゃない”って盛り上がっちゃって。友人はいかないと言うので、私が代わりに受けにいったんです」


 それで合格したのだから、人生は分からない。そこから、親には学業も両立させるからと説得して芸能界に踏み込んだ。


 「入ってすぐに、お正月のかくし芸大会の収録があったの。私は東軍の応援で、タイガースは西軍。だから向こう側に座っているタイガースを見ちゃいましたよ。ほんと、入ってよかったって思いましたね。でも何がきっかけかなんて分からないものですね」


 45年目の今年、大きな転機を迎えた。10月、乳がんで治療中であることを明かしたのだ。7月のコンサート後に手術し、8月から抗がん剤治療を行ってきた。


 「何かおかしいなと思って病院にいったんです。しこりがあったんですよ。で、やっぱりそうだった。意外と冷静に受け止めましたね。むしろ仕事どうしようって思いのほうが強かった」


 仕事をしながら、治療を続けることを選んだのには理由がある。


 「もちろん11月に記念のコンサートを控えていたこともあるけど、私にとって、歌わないほうがストレスになると思ったんです。自分さえ頑張ればいいんだと。肉体的なつらさより、精神的なつらさのほうが耐えられないなって」


 公表したことで、同じ病気で闘っている人が多いことを知った。


 「すごい反響があったんです。病気で苦しんでいる人がすごく多くて、生きることに真摯(しんし)に向き合って、励まし合っていくことも悪くないなと思いましたね」


 だからこそ、今は歌い続けることの大切さを強く感じている。


 「私にとって、歌うことが生きること。生きることが歌うこと。こんな当たり前のことが幸せに思えるんですよ。だからもっと歌がうまくなりたい。もっといい曲を作りたい。すごく前向きな気持ちで音楽に向き合っています」(ペン・福田哲士/カメラ・酒巻俊介)


 □11月24日、東京国際フォーラム 太田裕美コンサート~まごころ大感謝祭〈45周年45回転でくーるくる〉


 ■太田裕美(おおた・ひろみ) 1955年1月20日生まれ、64歳。埼玉県出身。74年、「雨だれ」でデビュー。75年、「木綿のハンカチーフ」が大ヒット。以後「赤いハイヒール」(76年)、「九月の雨」(77年)、「さらばシベリア鉄道」(80年)などヒット曲多数。82年、歌手活動を一時休止し米国に単身留学。85年に結婚。89年に出産。92年から音楽活動を再開した。デビュー45周年の記念アルバム「ヒロミ☆デラックス」(ソニー・ミュージックダイレクト)をリリース。11月24日には東京国際フォーラムホールCで「太田裕美コンサート~まごころ大感謝祭〈45周年45回転でくーるくる〉」を開催する。

提供元:Yahooニュース
新規レスの投稿
名前 (8文字まで)
E-mail
本文 (750文字まで) 必須
  • シリウスグループ
  • 関西の老舗セクキャバとして、おかげさまでたくさんの方々に愛され続けております。
  • 2キャバ大阪男子求人
  • 京都最大級のメガヘルス ダック京都
  • VIVID CREWグループ
  • Club DESTINY

スレッドタイトルを対象とした検索ができます。
※スペースのあり、なしで検索結果は異なります。

  • 京都最大級のメガヘルス ダック京都
  • VIVID CREWグループ
  • Club DESTINY